対象疾患について

ガンマナイフ、サイバーナイフは、がんなどの病巣に向けて多方向から放射線を集中照射して治療を行う定位放射線治療装置です。

home > 対象疾患の違い

ガンマナイフとサイバーナイフの治療可能な疾患って
違いがあるんですか?

ガンマナイフは、サイバーナイフと違いフレーム装着する必要や分割照射が難しいなど治療範囲に限界があります。 頭蓋内疾患は、ガンマナイフ・サイバーナイフともに治療可能ですが、頭頚部疾患は、サイバーナイフのみ治療可能です。

ガンマナイフとサイバーナイフが治療可能な疾患

【頭蓋内疾患】
・良性脳腫瘍(聴神経腫瘍・髄膜腫・下垂体腫瘍・頭蓋咽頭腫など)
・悪性脳腫瘍(転移性脳腫瘍、グリオーマなど)
・脳血管疾患(脳動静脈奇形など)
・保険適応外では機能的疾患(三叉神経痛など)
・眼科領域(眼窩腫瘍など)

サイバーナイフのみ治療が可能な疾患

【頭頚部疾患】
・耳鼻咽喉科領域(咽頭癌、鼻副鼻腔癌、唾液腺癌、リンパ節転移など)
・口腔外科領域(舌癌、口腔底癌、歯肉癌、頬粘膜癌など)
・頚椎頚髄領域(転移性腫瘍、脊髄腫瘍など)

ガンマナイフとサイバーナイフの治療可能な疾患

  • 乳がんや肺がんから脊椎、脊髄に転移した腫瘍を治療可能なのは、サイバーナイフのみです。
  • ガンマナイフは、頭蓋内のみ治療可能です。
  • 第7頚椎から下は、保険適応外ですが、自費での治療が可能な場合もあります。
ガンマナイフサイバーナイフ
良性脳腫瘍聴神経腫瘍
髄膜腫
下垂体腫瘍
頭蓋咽頭腫
悪性脳腫瘍転移性脳腫瘍
グリオーマ
脳血管疾患脳動静脈奇形
耳鼻咽喉科領域咽頭癌×
鼻副鼻腔癌×
唾液腺癌×
リンパ節転移×
口腔外科領域舌癌×
口腔底癌×
歯肉癌×
頬粘膜癌×
眼科領域眼窩腫瘍
頚椎頚髄領域転移性腫瘍×
脊髄腫瘍×
治療部位頭蓋内頭部及び頚部
治療時間3時間程度
(フレームを装着してから治療が終了するまで)
1時間程度
(マスク装着後、一回の治療終了まで)
固定方法 局部麻酔をして、特殊金属のフレームを4本のネジ スクリューで頭部に固定 顔の形に合わせたメッシュ状の簡単な固定具(シェル)で覆う
照射方法201門のほぼすべてを毎回治療に使用する1200方向のビームのうち約100本を選んで治療する
照射誤差プラスマイナス0.5mm1mm以下
国内台数 51 22
分割照射 無し(ごく一部あり) 有り
日帰り手術 無し 有り
輸入販売メーカー エレクタ(スウェーデン) 千代田テクノル
上記以外の特徴 30年以上前から行われている歴史的にもエビデンスのある治療。
ネジ(スクリュー)による頭蓋骨固定を行うため病巣への照射精度が高い。
ネジによる金属フレームの装着時に痛みを伴う。(局所麻酔も併用する)
金属フレームを使用するため分割照射は非常に困難。
TLSという病変追尾装置を使用し、10mmまでの治療中の病変の移動に対応した追尾が可能。(それ以上の移動は装置が自動停止。)
頭部の固定はシェルと呼ばれるソフトプラスチックを患者ごとに作成し、治療時の固定に使用する。
巨大な腫瘍、病変部位がデリケートな組織の場合など分割による照射が可能。(一般的に3〜5日間程度) 治療が低侵襲のため高齢者、小児の治療が可能。

ランキング

Top News

しばらくお待ちください。

注目サイトの紹介

新緑脳神経外科

新緑脳神経外科
2010年1月現在 3,000症例。第7回世界サイバーナイフユーザー会において『2007年度 治療実績 世界1位』で表彰を受けました。

岡山旭東病院

岡山旭東病院
2008年までの累計症例数は、2,000例と報告されています。2000年6月から治療を開始している実績の豊富な病院です。

東京女子医科大学脳神経センター

東京女子医科大学脳神経センター
ガンマナイフ治療で15年の実績を誇り治療症例総数は、5,000。年間約500症例。

横浜労災病院

横浜労災病院
ガンマナイフの治療件数は、平成22年8月に7,000例を超えています。

脳プロブレム.jp

脳プロブレム.jp
大学病院現役の専門医が書く脳疾患についての医療情報サイト

注目キーワード

ガンマナイフ サイバーナイフ 日帰り手術 転移性脳腫癌 がん治療 放射線治療 悪性リンパ腫 治療費用

お問い合わせ

本サイトは、専門家の監修の基、公開されておりませんので変更すべき情報がありましたら出典を明記し下記からご連絡ください。
knife@chiryo-hikaku.jp
※ご返信が出来ない場合もございますので
予めご了承ください。

toTop